カテゴリー「未分類」の記事

ヒアルロン酸の原液とは

2014年1月15日 / 未分類

 

最近、色々な美容原液が発売されています。肌の状態に合わせて量を調整することもでき、色々なものを組み合わせることもできます。
美肌効果のあるものをいくつか組み合わせることでより、効果も期待できます。敏感肌や乾燥肌、ニキビ肌と肌質に合わせて選べるのも魅力で、使い方も簡単です。
いつも使っている化粧水に混ぜるだけですが、そのまま美容液として使うこともできます。
乾燥肌やシワにとても効果があり、くすみやシミが気になる人には、美白効果の高いものを選ぶのがおすすめです。
色々な種類が発売されていますが、どれも安く買うことができます。メーカーにもよりますが、3000円~4000円ほどで買えるので、高いスキンケア化粧品を買おうか迷っている人にはおすすめです。
高いスキンケア化粧品と同じぐらい十分満足できると思いますし、パックとして使うこともできます。
顔全体にパックする時には、シートマスクがおすすめで、口元や目元など部分的なケアには、コットンを使うと便利です。
美容成分にも色々あり、数種類の中から選べるので、1本だけではなく、2本買って試してみるのもおすすめです。寝る前に使うと、朝、起きた時には肌がふっくらしているのを実感できます。

化粧品に含まれるヒアルロン酸の効果について

2014年1月15日 / 未分類

お肌には、「お肌の3層」から成り立っています。
皮膚は大きく分けると、外側(表面)から、表皮、真皮、皮下組織の3つに分けることができます。
表皮は、厚さ0.2mm程度で、皮膚に触れるすべてのものから体を守り(バリア機能)、水分を守っています。
その表皮も、さらに4つの層に分かれています。
真皮に近い部分から基底層、 その上に有棘層、そして顆粒層、一番外側に角質層があるのです。

 
角質層自体の厚みは、表皮の約10%で厚さ0.02mm程度だと言われています。水分は30%含まれています。
この0.02mmほどの角質層は、軽い刺激でも傷つくことがあります。
クレンジングや洗顔による過剰な摩擦や紫外線、空気の乾燥などの為に、角質層が損傷を受けたりすると、大事なバリア機能・保水機能が低下するのです。そして、水分が失われ、皮膚が乾燥し、荒れた状態になるのです。
基底層から細胞分裂が始まり、新しくできた細胞が、上へ上へ押し上げられていき、はがれ落ちる。これを、皮膚の新陳代謝(ターンオーバー)と言います。
先ほどの、角質層が傷ついた状態だと角質層の新陳代謝(ターンオーバー)がうまく行われません。

 
うるおいのある美しい素肌を維持していくには、この角質層のターンオーバーが規則正しく繰り返されることと、この角質層の  機能がしっかりしていることが大切になるのです。
化粧品に含まれているヒアルロン酸Naは、真皮に直接入りこむわけではありませんので、この角質層の水分保持を目的としているのです。

 

 

 

サプリメントで摂取した場合について

2014年1月15日 / 未分類

肌年齢の若返りや、健康の維持のためにサプリメントを日常的に取り入れている人が増えてきています。
しかしそれらはあくまでも薬ではなく、食事そのもののかわりにはなりません。
それだけに頼るのではなく、一日三食をきちんと摂り、いろいろな食品をバランスよく食べることが必要です。

 

とはいえ、最近では生産技術の発達により季節外れの野菜や果物も多く、食材自体の栄養素が減ってきている現状があります。
そのため、補助的な意味で上手に活用すると食事では接種しきれない栄養素を補うことができるのです。

さて、ではどのようなことに気をつけると上手に栄養素を補うことができるかという点です。
まずは水で飲むことです。
お茶やコーヒーで飲むとカフェインやタンニンなどが栄養素とくっついてしまい吸収が悪くなります。

そして食前よりも食後に飲むということです。食べ物と一緒に体に取り入れられるので格段に効率がアップします。

 

たくさんの種類があるので内容成分や含有量など、ラベルをみて比較検討して選び、さらに飲み合わせを工夫することで肌年齢の若返りや健康維持に役立ちます。
たとえばビタミンBの場合、単体ではなくビタミンB群すべてを一緒に摂取すれば美肌効果があがります。

このような点に注意して摂取すると、より効果的に利用することができます。

コラーゲンとヒアルロン酸の違いとは

2014年1月15日 / 未分類

コラーゲンは、美肌効果があると言われている美容成分の中では、広く知られているものの中の1つではないでしょうか。
主に、お肌のハリ・ツヤに効果があると言われています。もともとヒトの細胞内にあるもので、細胞と細胞を支えてくれているものです。ただ、年齢を重ねるごとに、減ってきてしまうものですので、スキンケアやサプリメントなどで取り入れることが大切になってきます。

 
他の美容成分との大きな違いは、身体の中に取り入れることで、タンパク質に変わるということです。爪や髪の毛などにも、なることでしょう。
このように、美肌効果をもたらしてくれる他に、身体を作ってくれている優れた美容成分ですが、数ある美容成分の中でも、もう1つ大きな違いが、比較的高分子であるということです。高分子なために、身体の中に取り入れにくいという問題も抱えており、せっかく、お肌に効果があると言われている量を取り入れても、吸収されずにそのまま身体の外に出てしまうということも、考えられていました。

 
昨今では、そのような問題を解決すべく、取り入れやすいようにと、低分子化されたものも出てきているため、より効率的に吸収され、身体の隅々にまで行き届くことができるようになったでしょう。

天然のヒアルロン酸について

2014年1月15日 / 未分類

最近、美容に良いとされる成分の入った様々な化粧品やサプリメントが登場しています。しかし、その成分がどんなものなのかどれくらいの人が理解しているでしょうか。
まず、その成分が天然か人工物なのかという大きな違いがあります。後者は乳酸菌や溶血性連鎖球菌を利用したバイオ製造により人間が作り出したものですが、前者はどこに存在するのでしょうか。それは、人間でいうと皮膚や関節、目や脳など様々な部分に存在しています。同じく、脊椎動物の牛の目の硝子体の中た骨関節中、鶏のトサカなどに多く含まれています。

 

脊椎動物だけに含まれる成分で、しかも熱に弱いことから通常の食生活での摂取は難しいのです。加えて、その分子が50から150万と人工物に比べると非常に大きく、吸収が難しいので、最近ではローコストで大量生産できる人工物を使用する商品が増えています。

 
しかし、人工物の元となる溶接性連鎖球菌とは実は、急性咽頭炎、扁桃炎、中耳炎などを引き起こす怖い成分なのです。臨床実験で安全性は確保されていますが、まだまだ始まったばかりの分野なので、こういったものを利用するときは原料のことを頭においたほうがいいでしょう。
自然のものでも、鳥インフルエンザなどがあるため、完全に安全というわけではありません。こういった商品を利用する際は、100%安全ではないということを頭の片隅に置いておくのがいいでしょう。

バイオヒアルロン酸について

2014年1月15日 / 未分類

学術的にはヒアルロナンと呼ばれる成分ですが、美容効果が高いことで知られサプリメントや化粧水・美容食品などにも多く活用されていますす。その製法として、天然の物と人口的に作られたバイオヒアルロン酸の2種類が挙げられます。

 
そもそもヒアルロナンには高い保湿力と強い粘性が存在します。もともとの純粋なヒアルロナンは白い粉末状のものですが、加水することによってねばねばとした粘着性を持つ性質があります。しかもこのねばねばは皮膚につくとサラリとした物質に変わります。この性質を利用して化粧品などに活用されているのです。
天然のヒアルロナンは分子が大きく、そのため保湿力に優れているというメリットがあります。ところが加熱には非常に弱く、40度以上で調理するとその成分が破壊されてしまうのです。そのため料理などから摂取することは困難であると言えます。

 
一方、人口的に作られたヒアルロナンは、分子がとても小さく非常に吸収しやすいことが特徴として挙げられます。そのため、化粧水やサプリメントで広く利用されています。乳酸菌や微生物などから抽出して作られ、コストカットをしながら一定の品質を保ちつつ大量に生産することが可能となります。

低分子ヒアルロン酸のメリットデメリット

2014年1月15日 / 未分類

肌を美しくする効果のある美容成分は、きちんと肌に浸透しなければその効果をきちんと発揮できません。
一般的に保湿力の高いものは肌への浸透力が弱いのですが、それは分子が大きすぎて肌が吸収できないからなんです。
そこで、これをしっかり肌に浸透させて保湿力を高めるために、低分子化されたものが開発されています。

 
これを使うメリットは言うまでも無くその優れた保湿力です。
粒子が小さいため、しっかりと肌に浸透することができ、肌の内側からハリを演出し、モチモチプルプルの透明感溢れるお肌が実現できるのです。
これによってしわやたるみの改善にも繋がりますし、アンチエイジングにもかなりの効果を発揮するといえるでしょう。
しかし、粒子が小さいことから、肌に浸透しすぎるという問題点も指摘されています。

 
保湿成分が浸透しすぎて何が悪いのかと思うかもしれませんが、水分が多くなりすぎるということは、肌バリアを通り越して雑菌やカビの温床になってしまうことがあるのです。
ですから、使い方を気をつけないと、美肌になるどころか肌にカビが生えたりひどい肌荒れをしてしまう恐れがあるのですね。
通常は使いすぎなければこのようなことは起こりませんが、もともと肌が敏感な方などは、特に慎重になった方がよいでしょう。

高分子ヒアルロン酸のメリットデメリット

2014年1月15日 / 未分類

人間が美容や健康を維持するためには様々な成分が必要となりますが、ビタミン群やコラーゲンなどと並び美容雑誌などでも良く取り上げられています。
一般的に、骨と骨の間の関節液や関節軟骨に含まれており、潤滑油の役割を担い、関節の動きをよくしたり衝撃を吸収したりする役割があります。また、肌を乾燥から守り、それだけではなく目の潤いを保ち白内障を改善する効果もあります。このように、人間にとっては欠かせない要素なのです。そして、粒子が大きい物と小さい物の二種類が存在します。
粒子が大きい高分子のものは、天然の成分に豊富に含まれています。例えば、魚の眼球やふかひれなどがその代表です。これは小さい粒子のものよりも体の中で分解されにくく効果が持続するというメリットがあります。また、直接皮膚に注入しても副作用を起こす心配がなくバストアップなどの美容整形で広く活用されています。一方、粒子の小さい低分子のものは、体内で分解されるのが早いためバストアップには適していません。
その一方では、分子が大きすぎるために体内に吸収されにくいというデメリットが存在します。サプリや化粧水に配合しても効果が表れにくいのです。これらのことから、目的別に使いわけることが最も効果的となります。

ヒアルロン酸の種類について

2014年1月15日 / 未分類

その特徴として非常に高い保湿性と粘性があり、このようなことから皮膚や関節液、腎臓や脳、眼球の中にある硝子体など、体の中で特に水分が豊富な部分に多く含まれています。人工的に精製された低分子のものと、動物などから抽出される天然の高分子のものの2種類があります。前者は連鎖球菌や乳酸菌から人工的に作り出したもの、後者は鶏のトサカから抽出して加工したものが多く使用されているようです。

 
私たちの体の保湿性を保持するために非常に大切な成分ですが、その量は生まれたときが最大で、その後徐々に減っていき、成人になるころには赤ちゃんの頃の4分の1量にまで減少してしまいます。そこで、この減少を補うために、毎日の食事やサプリメントでの補助が必要となります。その際に注意することがあります。それは、天然のもののほうが体に良いと勘違いし、そちらばかり摂ってしまわないということです。実は天然のものは熱に弱く、また高分子のため、体に吸収しにくいのです。そこで、効果的に摂取するには低分子のサプリメントの利用がお勧めです。

 
不足すると老化現象が始まります。サプリメントや食事から積極的に摂取して、いつまでも若々しく健康でいたいものです。

 

TOPへ戻る