コラーゲンとヒアルロン酸の違いとは

2014年1月15日 / 未分類

コラーゲンは、美肌効果があると言われている美容成分の中では、広く知られているものの中の1つではないでしょうか。
主に、お肌のハリ・ツヤに効果があると言われています。もともとヒトの細胞内にあるもので、細胞と細胞を支えてくれているものです。ただ、年齢を重ねるごとに、減ってきてしまうものですので、スキンケアやサプリメントなどで取り入れることが大切になってきます。

 
他の美容成分との大きな違いは、身体の中に取り入れることで、タンパク質に変わるということです。爪や髪の毛などにも、なることでしょう。
このように、美肌効果をもたらしてくれる他に、身体を作ってくれている優れた美容成分ですが、数ある美容成分の中でも、もう1つ大きな違いが、比較的高分子であるということです。高分子なために、身体の中に取り入れにくいという問題も抱えており、せっかく、お肌に効果があると言われている量を取り入れても、吸収されずにそのまま身体の外に出てしまうということも、考えられていました。

 
昨今では、そのような問題を解決すべく、取り入れやすいようにと、低分子化されたものも出てきているため、より効率的に吸収され、身体の隅々にまで行き届くことができるようになったでしょう。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る