ヒアルロン酸の種類について

2014年1月15日 / 未分類

その特徴として非常に高い保湿性と粘性があり、このようなことから皮膚や関節液、腎臓や脳、眼球の中にある硝子体など、体の中で特に水分が豊富な部分に多く含まれています。人工的に精製された低分子のものと、動物などから抽出される天然の高分子のものの2種類があります。前者は連鎖球菌や乳酸菌から人工的に作り出したもの、後者は鶏のトサカから抽出して加工したものが多く使用されているようです。

 
私たちの体の保湿性を保持するために非常に大切な成分ですが、その量は生まれたときが最大で、その後徐々に減っていき、成人になるころには赤ちゃんの頃の4分の1量にまで減少してしまいます。そこで、この減少を補うために、毎日の食事やサプリメントでの補助が必要となります。その際に注意することがあります。それは、天然のもののほうが体に良いと勘違いし、そちらばかり摂ってしまわないということです。実は天然のものは熱に弱く、また高分子のため、体に吸収しにくいのです。そこで、効果的に摂取するには低分子のサプリメントの利用がお勧めです。

 
不足すると老化現象が始まります。サプリメントや食事から積極的に摂取して、いつまでも若々しく健康でいたいものです。

 

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る