高分子ヒアルロン酸のメリットデメリット

2014年1月15日 / 未分類

人間が美容や健康を維持するためには様々な成分が必要となりますが、ビタミン群やコラーゲンなどと並び美容雑誌などでも良く取り上げられています。
一般的に、骨と骨の間の関節液や関節軟骨に含まれており、潤滑油の役割を担い、関節の動きをよくしたり衝撃を吸収したりする役割があります。また、肌を乾燥から守り、それだけではなく目の潤いを保ち白内障を改善する効果もあります。このように、人間にとっては欠かせない要素なのです。そして、粒子が大きい物と小さい物の二種類が存在します。
粒子が大きい高分子のものは、天然の成分に豊富に含まれています。例えば、魚の眼球やふかひれなどがその代表です。これは小さい粒子のものよりも体の中で分解されにくく効果が持続するというメリットがあります。また、直接皮膚に注入しても副作用を起こす心配がなくバストアップなどの美容整形で広く活用されています。一方、粒子の小さい低分子のものは、体内で分解されるのが早いためバストアップには適していません。
その一方では、分子が大きすぎるために体内に吸収されにくいというデメリットが存在します。サプリや化粧水に配合しても効果が表れにくいのです。これらのことから、目的別に使いわけることが最も効果的となります。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る