バイオヒアルロン酸について

2014年1月15日 / 未分類

学術的にはヒアルロナンと呼ばれる成分ですが、美容効果が高いことで知られサプリメントや化粧水・美容食品などにも多く活用されていますす。その製法として、天然の物と人口的に作られたバイオヒアルロン酸の2種類が挙げられます。

 
そもそもヒアルロナンには高い保湿力と強い粘性が存在します。もともとの純粋なヒアルロナンは白い粉末状のものですが、加水することによってねばねばとした粘着性を持つ性質があります。しかもこのねばねばは皮膚につくとサラリとした物質に変わります。この性質を利用して化粧品などに活用されているのです。
天然のヒアルロナンは分子が大きく、そのため保湿力に優れているというメリットがあります。ところが加熱には非常に弱く、40度以上で調理するとその成分が破壊されてしまうのです。そのため料理などから摂取することは困難であると言えます。

 
一方、人口的に作られたヒアルロナンは、分子がとても小さく非常に吸収しやすいことが特徴として挙げられます。そのため、化粧水やサプリメントで広く利用されています。乳酸菌や微生物などから抽出して作られ、コストカットをしながら一定の品質を保ちつつ大量に生産することが可能となります。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る